FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←眠りの森の天使 5話 →眠りの森の天使 最終話
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 赤い鬼と青い鳥
もくじ  3kaku_s_L.png 眠りの森の天使
もくじ  3kaku_s_L.png 人魚の王子様
【眠りの森の天使 5話】へ  【眠りの森の天使 最終話】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

眠りの森の天使

眠りの森の天使 6話

 ←眠りの森の天使 5話 →眠りの森の天使 最終話
 
 第4章 41歳の冬、息子が死んだ 後篇

 試験が始まる時間になっても、電話はならなかった。

 きっと、直前の勉強に忙しいのだ。
 そう思った時、電話が鳴った。
 
 「もしもし。」
 試験の開始時刻は、とっくに過ぎている。
 ユウスケからのはずはない。

 「すみません、西野さんのお宅でしょうか。こちら霧果総合病院の者ですが。西野ユウスケさんのご家族の方でいらっしゃいますか」
 「病院、ですか?」
 「はい。実は、ユウスケさんが事故にあわれまして、当院で治療に当たっております。ご家族の方にもすぐにいらしてもらいたいのですが。失礼ですが、お母様でいらっしゃいますか?」

 事故……?

 「もしもし、聞いていらっしゃいますか?」
 「はい、はい。それで、息子は、無事なのでしょうか。怪我は、どのくらいなんでしょう」
 口が渇いて、うまく舌が回らない。
 「はっきり申し上げますと、大変危険な状態です。詳しいことは病院にいらっしゃってからご説明いたしますので、至急来ていただけますか」
 電話の相手は事務的に話している。きっと、慣れているのだろう。

 「はい、すぐ、伺います」
 電話を切ると、財布だけを持ってタクシーに飛び乗った。

 いったい、どこで。どうして。

 とても落ち着いて運転をできそうになかった。

 「霧果総合病院まで。できるだけ急いでください。お願い」
 タクシーの運転手は「わかりましたー」と明るい声で答えた。

 しばらく走っていると、タクシーは渋滞につかまってしまった。
 「ああー、この先でね、事故があったらしいんですわ。そのせいでね、こんな渋滞」
 
 事故。
 「あの、今、事故って」
 「はいはい。なんでもこの雪で道路が凍ってますでしょう。軽自動車がスリップしたとかでね、三台か四台の玉突き事故だったらしいですよ」
 「あ、あの、玉突き事故って、バスとかも入ってたんでしょうか」
 「いやあ、全部自家用車だったように思うんですけどねえ。実は私、さっき現場の横を通り過ぎたんですけどね、結構ひどい事故でしたよー。雪の上に血の跡とか飛んでたりして」

 ユウスケが、雪の上で血を流しているところを想像して、胸が詰まった。

 「事故にはあいたくないもんですよねえ」
 運転手が笑いながら言う。
 先ほどから、車はまったく動いていない。
 「もう、ここまでで結構です。あとは歩きますので」
 お金を置いて、タクシーを降りた。
 
 病院までは1kmほど。冷たい空気が頬に刺さるようだ。
 渋滞でまったく動かない車の列を横目に、ハラハラと舞う雪の中を走り続けた。

 「西野ユウスケが運ばれてきたって伺ったのですが」
 病院に着くやいなや、受付の女性に詰め寄った。すぐに、「こちらです」と案内してくれた。

 案内された先では、息子が心臓マッサージを受けていた。
 「あ、あの」
 話しかけてきたのは、息子の担任だった。まだ若く、頼りない印象の男性教師だ。
 「この雪で、玉突き事故があったようなんです。で、ユウスケくんが乗っていたバスが大幅に遅れて。それで途中で降りて、あの森を抜けて試験場に向おうとしたそうなんですが……。森を抜けてすぐのところで、車に撥ねられてしまったらしいんです」
 改めてユウスケを見ると、体のあちこちに傷が見えた。

 どうか、助かって。
 

 願いもむなしく、医者は、息子の臨終を告げた。

 「ああ―。」

 夫と、サキが、駆け込んできた。
 
 「ザオ……。」


 『魔法は、1回しか使えないんだよ。』
 
 アルノーくんの言葉が、よみがえる。


 『死んでから5分以上経つと、魂は別のところに飛ばされちゃうよ。』

 アルノーくんは、そう言っていた。


 刻一刻、時間が過ぎていく。

 おねがい、おねがい、まだ行かないで。

 アルノーくん、アルノー君のお母さん、助けて。


 そうして私は、53歳になった。





banner.gif
面白いと思ったら押してくださいね



関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 赤い鬼と青い鳥
もくじ  3kaku_s_L.png 眠りの森の天使
もくじ  3kaku_s_L.png 人魚の王子様
【眠りの森の天使 5話】へ  【眠りの森の天使 最終話】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【眠りの森の天使 5話】へ
  • 【眠りの森の天使 最終話】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。