更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2014 051234567891011121314151617181920212223242526272829302014 07

【  2014年06月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

あひるの子はみにくい 13話

あひるの子はみにくい

2014.06.11 (Wed)

  ユウコが部室の扉を開けると、あの女は座って待っていた。 「ヒロコさん」 その偽名で呼ばれるのも、もう慣れた。 若干蒸し暑い日だったが、彼女は汗一つかいていない。 「どういうつもり?」 どういうつもりで、私の彼に手をだしたりするのか。 どういうつもりで、私をバカにするのか。 しかし、彼女からは反論がない。 「どういうつもりって……なにがでしょうか」 彼女は、怯えたような顔で私を見ている。 「彼に、メ...全文を読む

PageTop▲

あひるの子はみにくい 14話

あひるの子はみにくい

2014.06.18 (Wed)

  「満足、した?」 マヒルの運転する車の助手席に座ったプルリィが、笑顔で話しかけてきた。 「そうね、まあまあかな」 どうやら、プルリィの姿は私以外の誰にも見えないらしい。 病院で目を覚ました後、母親にも、医者にも看護師にも見えていなかった。 しかし、私にはハッキリと見える。 プルリィは、私についてきてくれたのだ。 確かにここに存在している。   ****** 怪我のため数か月の入院を余儀なくされ、...全文を読む

PageTop▲

前月     2014年06月       翌月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。