更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 081234567891011121314151617181920212223242526272829302013 10

【  2013年09月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

break1. 自己紹介など

未分類

2013.09.01 (Sun)

 こんばんは、ハニーです。「赤い鬼と青い鳥」、お読みいただけましたでしょうか。こんなドラクエ小説(と言っていいかわかりませんが)を書いていこうと思ってます。かれこれ1年くらいドラクエ10を続けています。メインは特に決めてませんが、前衛よりは後衛のほうが好きです。武器は扇と鞭が好きです。たまに扇武闘家とか鞭盗賊とか、まったく需要なさそうな酒場登録しちゃうときがあります。ごめんね。最近になって、今のチーム...全文を読む

PageTop▲

眠りの森の天使 1話

眠りの森の天使

2013.09.04 (Wed)

 第1章  5歳の春、父が死んだ 私、北島ヒカルが5歳の時に、父が死んだ。 あれは、私と父と母、3人でキャンプをしている時のことだった。 父は、川で溺れた私を助けようとして、死んだ。   ****** 私が生まれてからずっと住んできた町は、森楢町という。 この町は、昔から林業が盛んであったらしい。 近くに木工業で有名な町があり、昔の人は、その町に木材を売ることで生計を立てていたそうだ。 そんなわけで...全文を読む

PageTop▲

眠りの森の天使 2話

眠りの森の天使

2013.09.07 (Sat)

 第2章 17歳の秋、級友が死んだ  高校3年生の9月、夏休みは受験勉強にあけくれ、学校が始まっても相変わらずすることは受験勉強だった秋。 そこまで集中して勉強していたわけではなかったが、机に向かっていないとライバルたちにおいていかれるのではないかという不安が募り、模範的受験生としての生活を送っていた。 「ねぇねぇ、今度の土日、キャンプしない?」 「キャンプ?」 「そう、すぐそこの眠りの森。コウジく...全文を読む

PageTop▲

眠りの森の天使 3話

眠りの森の天使

2013.09.10 (Tue)

 第3章 29歳の夏、子供が死んだ 前篇  29歳になった私の生活は、朝5時半に始まる。 幼稚園に行く子供たちの弁当を作るためだ。 上の子はユウスケ、5歳。下の子はサキ、4歳。 大学を出たあと小さな会社に就職し、職場の先輩である西野と付き合い始めた。23歳のとき、妊娠が判明した。予定外の妊娠だったので産むかどうかとても迷ったが、6歳年上の彼はこの妊娠をとても喜んでくれ、産む決意をした。 順序が逆にな...全文を読む

PageTop▲

眠りの森の天使 4話

眠りの森の天使

2013.09.13 (Fri)

  第3章 29歳の夏、子供が死んだ 後篇  タケルくんとサキを車に乗せて、絶対に出ないよう言いつけ、私たち三人はユウスケを探し回った。 河原を中心に探し歩くが、ユウスケは見当たらない。 「ユウスケー、返事してー!」 さっきから叫び続けているが、一向に返事はない。 完全に日が沈んだ。あたりは真っ暗だ。 懐中電灯を持ってくるのを忘れたことを後悔しつつ、かすかな月明かりを頼りに森の中を探し続けた。 「ど...全文を読む

PageTop▲

眠りの森の天使 5話

眠りの森の天使

2013.09.17 (Tue)

   第4章 41歳の冬、息子が死んだ 前篇 「なあ母さん、勝手に俺の部屋に入らないくれって言っただろ」 息子のユウスケが、口を尖らせて言う。 「そんなこと言ったって、掃除だってしないといけないし、布団だって干さないといけないでしょう」 ユウスケは、17歳になった。 「そういうの、自分でやるからさ」 最近、こういうやり取りが増えた。テレビでは、「自立が始まっている証拠だから放っておいた方がいい」、なん...全文を読む

PageTop▲

眠りの森の天使 6話

眠りの森の天使

2013.09.20 (Fri)

   第4章 41歳の冬、息子が死んだ 後篇 試験が始まる時間になっても、電話はならなかった。 きっと、直前の勉強に忙しいのだ。 そう思った時、電話が鳴った。  「もしもし。」 試験の開始時刻は、とっくに過ぎている。 ユウスケからのはずはない。 「すみません、西野さんのお宅でしょうか。こちら霧果総合病院の者ですが。西野ユウスケさんのご家族の方でいらっしゃいますか」 「病院、ですか?」 「はい。実は、...全文を読む

PageTop▲

眠りの森の天使 最終話

眠りの森の天使

2013.09.23 (Mon)

   第5章 53歳の春、眠りの森の天使 「ばあちゃん、これ何?」 今年5歳になる孫のユウナが、ただの河原の石を拾い上げた。 「それは石だよ」 「こんなにきれいなのに、石なの?」 川の流れに磨かれて光沢がでた石を、めずらしそうに眺めている。 「そうだねえ。すごくきれいだね」 「母さん、ユウナ。ここでお昼にしようよ」 そう言ったのは娘のサキ。 娘の夫は河原にレジャーシートを敷いて、昼食の準備を始めてい...全文を読む

PageTop▲

break2. 王様の耳はうさぎ耳

未分類

2013.09.26 (Thu)

 こんばんは、ハニーです。明日、ver.1.5中期ですね。HP+1が2つ ついた、myバトルチョーカーも生き返ることができるのかも…。アトラス、行きたいです。持ち寄りとか誘ってもらったらコイン買いますので、よろしくです。さて、コインボスにいくような本気装備はだいたいドレスアップしてますが、こんな感じ。はい。うさみみ大好きです。かわいいから。2.0情報、最近発表されましたが、一番気になったのは猫耳!ハニーのメインウ...全文を読む

PageTop▲

人魚の王子様 1話

人魚の王子様

2013.09.29 (Sun)

  「なんでも好きなもの頼んでよ」 仕事帰り、徳村ヒロキに寿司を食べにいかないか、と誘われた。 正直、気乗りはしなかったが、最近気持ちが沈むことが多く、気分転換になるか、くらいな気持で了承した。私がそう告げると彼は、ぱっと顔が明るくなった。どうやら好意をもっているらしい。同僚からもこっそり耳打ちされたし、自分でも以前から気づいていた。 「はい、ありがとうございます。私、タコが食べたい」 私はまだ、彼...全文を読む

PageTop▲

前月     2013年09月       翌月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。